ホーム > ペインクリニックとは

ペインクリニックとは

患者様と一緒に、痛みと痛みに付随する症状を少しでも緩和します

患者様と一緒に、痛みと痛みに付随する症状を少しでも緩和しますのイメージ

「ペイン(pain)」は、日本語で“痛み”の意味。
頭痛や腰痛、神経痛、関節痛、それ以外にも肩、首、足、顔の痛みなど、全身の痛みやしびれを治療する診療科です。長年、麻酔科で経験を積んだ医師が、神経ブロック療法や投薬治療などのさまざまな手段により、痛みやしびれにアプローチします。

“痛み”をあきらめないで、ご相談ください。

「痛み」というものは、人間が感じる感覚の中で最も嫌なもので、生活や人生そのものを著しく脅かすものです。人によってはこの「痛み」が原因で昨日まで元気だったのに、身体的な苦痛に加えて精神的な苦痛まで味わう事になる事も少なくありません。しかも、「痛み」というのは他人にはわかってもらえず、御本人にしかわからないというとてもやっかいなものです。

「池田ペインクリニック内科」は「痛みと、痛みに付随する症状を少しでも緩和する(和らげる)努力を患者様と一緒に考えていくクリニック」とご理解ください。

神経ブロックを中心に、さまざまな手段を考えます

神経ブロックを中心に、さまざまな手段を考えますイメージ

神経ブロックなどの侵襲的な処置だけではなく、内服治療も行います。内服治療に関しましては西洋医学的薬剤が主体となります。

しかしながら、これらの薬剤にはふらつき、眠気、吐き気などの強い副作用を呈するものも少なくないので、それらで補いにくい症状を把握できた場合には、東洋医学的な観点から漢方薬の処方も多用していきます。
漢方薬にも副作用はありますが、患者様と相談しながら最も有効と考えるものを処方させていただきます。漢方薬は原則的には補助的な役割になりますが、漢方薬のみで痛みが軽快された患者様も多く経験しておりますので、状況に応じて対応させていただきます。

神経ブロックを中心に、さまざまな手段を考えますのイメージ

上記に加えて、民間の認定資格を保有した専門スタッフによる痛みの緩和ケアによって疼痛の緩和に努め、また看護師を始めとするクリニックスタッフと緊密に連携して治療方針をアップデートしていく診療を心がけて参ります。

また、痛みの治療の際に、血圧、糖尿病、高脂血症、骨粗鬆症などの内科疾患の内服管理についても、ご希望に沿って診療させていただきます。

精神的な痛みもご相談ください

患者様は、ご自分のおかれている環境などによって痛みを誘発することもあります。
そのため、治療は心療内科的な視点から始める事もあります。
処置や投薬などはひとまずおいて、患者様の話を聞くだけの場合もあれば、時には笑い飛ばしたり、時には厳しく指導をさせていただく事もあります。

しかし、これらは治療戦略上必要な事と考えて行います。
痛みに伴う精神的な苦痛もありますが、その反対に、精神的な事から発生する「痛み」もあると考えております。誠心誠意、患者様のお話をお伺いし、痛みによるストレスを感じていらっしゃる患者様が少しでも楽になれるような診療をしたいと考えております。

スタッフには「説明内容を理解できましたか」といった、私の話をフォローするだけではなく、私がなぜそのような話をしたかを噛み砕いて説明してもらうことで、患者様と症状を共有する「池田ペインクリニック内科」というチームとして患者様をフォローできることを最終目標としております。

ペインクリニックで治療できる疾患