医院ブログ

2016年5月23日 月曜日

<RIZAP通信4>4回目ライザップは背筋トレーニング導入。

5月20日、4回目のライザップでした。

この日は私の専属であるHトレーナーに用事があり、代役のYトレーナーがトレーニングをしてくださいました。

Hトレーナーとはまた感じの違うYトレーナーでしたが、ご自分の理念をしっかりお持ちのいいトレーナーでした。

まず、体重測定。

おや? 86.1kg 。 ・・・戻っている!!

残念ながら体重が元の体重に増えてしまっていました!

と残念がっていたら、Yトレーナーが説明してくれました。
体重は0.5kg戻っていますが、筋肉量が0.6kg 増えているので、悪い体重増加ではありません、と。
しかも体の中の水分量も増えているので脂肪太りしているわけではないので、大丈夫ですよ、と。

体重の数字だけ見ていたらがっかりなのですが、Yトレーナーの説明に納得して、頑張ってトレーニンングを開始しました。

ただこの日は食事についてお尋ねしたいことが多く、
今週末の学会の時には会食する機会が多くなると思われますが、低糖質を考えていると何も食べれなくなると思います。どうしたらいいでしょうか?
とか
週に2回のトレーニングをしていますが、この日以外の日で自分でも何かやっておくことはありませんか?
とか。

食事に関しては「我慢しなさい!」、運動に関しては「当然自分でもやりなさい」と至極当然のお答えをいただくかと思いきや・・・。

食事に関しましては、その場の空気などもあり、一人だけ何も食べないということはできないので、できるだけ糖質の多そうなものを避けて食べ、できればライザップオリジナルサプリの糖質吸収を抑えてくれるものをを飲んでいくようにすれば何とかなるのではないか、と非常に現実的なお返事をいただきました。

運動に関しましては、まだトレーニングを始めたばかりで筋肉痛などもある時期なので、トレーニングに慣れてきたら有酸素運動を取り入れてはどうでしょうか?とこれまたよくわかるお返事をいただきました。

このようなことを私がしゃべりまくっていたので、トレーニングの時間が必然的に少なくなってしまい、この日はベンチプレスとダンベルを使った上半身のトレーニングもそこそこに、背筋の運動を初めて教えていただきました。
こちらは私も少し楽しみにしていたので張り切って行うことができました。
ハードながら、自分でも驚くほどなんとかクリアできて、「楽しみにしていたらなんとかなるもんだ」と一人感心してました。
ただ、筋肉痛はなく、また「ちゃんとできてなかった??」という疑問を抱きましたが・・・。

最後に体幹トレーニングを1セットだけして、終了しました。
Hトレーナーよりも少し軽めではありましたが、これも私がなんやかやとお尋ねしたことが原因でした、Yトレーナーすみませんでした、と心の中で謝りながら、更衣室のシャワーに向かいました。

最近の習慣として、指導されたということもあるのですが、トレーニングの直後に必ずプロテインを飲むようにしています。
筋肉を落とさないためにも必須だそうで、今後もレモンライム味のプロテインをグビグビ飲んでいこうと思います。

次回は、5月23日(月)になります。

投稿者 池田ペインクリニック内科