医院ブログ

2014年6月14日 土曜日

上肢の痛みと肩こりに神経ブロック!?

ここしばらく、肩こりに加えて、上肢(腕や手)の痛み訴えられる患者様が多くなってまいりました。

「少し前から首や肩の痛みに加えて、二の腕のあたりにも軽く痛みを覚えていたが、それが腕全体に広がってきたような気がする」

「今朝起きたら、腕全体に強い痛みを感じるようになった」

「若いころから肩こりがあったが、ここしばらく嫌なことがあってストレスが溜まり、肩こりがピークに達した」


などなど、お一人お一人の御事情で痛くなり方は様々です。

大半の方はお仕事などでパソコンを利用されていたり、下を向いて作業されることが多い方のような気がいたしますが、中にはそういうこととは関係なく、突然痛みの出る方も少なくありません。

これまでの経験上、大半の方は頚椎(首の骨)のレントゲン写真を撮るとその理由が何となくわかります。

治療法は、内服をはじめとして理学療法など行いますが、ペインクリニック特有の治療法として、「星状神経節ブロック」というものがあります。

最近は情報が氾濫しておりますので、一度インターネットで検索していただくとご理解が深くなるかと思います。

首の前の部分の左右どちらか(左手が痛かったりするときは真ん中より左の方で)に細い針で注射をする、という聞いただけでは恐ろしそうな神経ブロックですが、我々ペインクリニックではよくなされている手技の一つです。

もし、手や腕に徐々に広がってくる痛みが出てくるようでしたら一度ご相談ください。

「もう、長年のことだからあきらめている」という方でも、当クリニックで軽快された方も少なくありません。

最初から注射を考えるのではなく、まずは内服等から試したいということであれば、おっしゃっていただければその方針で行けるところまで行きます!

神経ブロックはあくまでも選択肢の一つですが、ペインクリニックでしか受けられない施術の一つとお考えいただければ、これまで受けられてきた治療から、さらにもう一歩進むことができるかもしれません。

ぜひ、ご相談ください。


投稿者 池田ペインクリニック内科