医院ブログ

2013年11月30日 土曜日

インフルエンザワクチン豆知識

「インフルエンザの予防接種をしたらもう大丈夫!」

そんな風に思ってらっしゃる方、多いのではないでしょうか?

実はインフルエンザワクチンの予防接種をしても、すぐに免疫が付くのではなく、だいたい2~3週間後に免疫、すなわち抵抗力がついてまいります

そこから効力を発揮してくれるので、その2~3週間の間はまだ安心はできません。

インフルエンザの流行は例年12月中旬から2月ぐらいまでが一番猛威を振るう時期ですのでこの時期には免疫力をつけておく必要があります。

そのように考えて逆算すると、いつごろに摂取されるのがベストか、お分かりですね?

ぜひ、近々の接種をお勧めいたしますsign03

投稿者 池田ペインクリニック内科