開業奮闘記

2012年11月 1日 木曜日

開業にあたって

これまで麻酔科として勤務医をしてきた私ですが、 自分の地域医療として患者様のために
やりたい事を中心に主体的な仕事をしたいと思い、仕事を「開業」という方向性に定めました。
また、大学でのペインクリニック診療において、他人にはわかってもらえないような痛みを抱えて
悩んでいる人
が こんなにも多いのかと知り、やるならばペインクリニックを中心に考えたいと
思いました。

ただ、私には「開業」という事への手順やプロセスのノウハウが全くなく、どうしたものかと悩んでいた
ところ、 父の知り合いの開業医の先生より開業コンサルタントという方をご紹介いただきました。
それがOさんでした。

開業医の先生とOさんとお話しさせていただくにつれ、開業とはどんなに厳しいものかを改めて
痛感しました。 常に大変なリスクと隣り合わせであり、開業しようと考えると同時に、開業後の
経営のことまで考えておく事が 基本中の基本という事を教えていただきました。ただ情熱を持って
いてもダメで、 経営的なものも考えていかないといけないという事でした。

その後、開業場所を西宮北口駅近辺に定め、あとは物件が見つかることを祈っておりました。

投稿者 池田ペインクリニック内科