背中・胸の痛み

背中・胸の痛みの原因と処置

原因

帯状疱疹後神経痛または、肋間神経痛であることが多い。

背中・胸の痛みのイメージ
帯状疱疹後神経痛

あばらの肋間神経沿いに発疹が生じてきます。
発疹とともに痛みが出てきますが、発疹が消えた後から痛くなることもあります。
原因は水ぼうそうのウイルスです。
このウイルスは身体の中に潜んでいるので、抵抗力が弱まったとき、免疫力が下がったり、精神的に弱くなったときに発疹が生じて痛くなります。

肋間神経痛

突発的に発症することが多い痛み。

処置
帯状疱疹後神経痛

可及的速やかな対処が求められます。胸椎の硬膜外ブロックを行います。
ひどい痛みを感じ、痛いまま置いておくほど後遺症が残ります。

肋間神経痛

痛み止めを処方します。